海洋生物

名称 ランク 難度 カード 説明 経験 発見方法
イッカククジラ 1 1 7 ユニコーンの角
コンクガイ 1 1 10 桃色の理由
ホッキョククジラ 1 1 10 氷海の永住者
メガマウス 5 13 10 太平洋やインド洋の比較的暖かい海に生息しているサメ。巨大な体躯をしているが、目撃例が少ないため、これが大人なのか子供なのかはわからない。大きな口で、あらゆるものを吸い込むようにして食事をするようだ。 1160 波間にたゆたう銀の怪火
ダイオウグソクムシ 5 13 9 大西洋の海底に棲む巨大甲殻類。体長は最大で50cmにもなり、体重は1kgを超える。背面を海底に向けながら体をくねらせて泳ぐ。 1130 虫か、魚か
シーラカンス 5 12 7 ほかの魚とはなにかが違う、奇妙な魚。ヒレの根元にもウロコが生えていたり、尾ビレの形が変わっていたり、浮き袋に脂肪が詰まっていたりなど…。勘に過ぎないが、とてつもない存在のように思えてならない。 1124 生きた石の魚
巨大ピラルク 5 12 10 アマゾン川流域に生息するピラルクが巨大化したもの。体長は5mをゆうに超える。 1118 水中を走る船
ラブカ 5 11 7 ウナギのような細長い姿をしたサメ。深海に棲むという情報もあるが、詳細は不明。沿岸で漁をしていると網にかかることがあるという。生態など、多くのことが不明のサメである。 1030 凶悪なウナギ
ダイオウイカ 5 11 8 巨大なイカの一種。全長は10m以上にもなるといわれる。深海に生息していると考えられており、生きている姿が見られるのは非常に稀である。 990 クラーケンの伝説
ブラックマーリン 5 10 7 シロカジキ。太くて短いクチバシを持つ大型のカジキ。 910 釣り
ブルーマーリン 5 10 7 クロカジキ。外洋性でカジキの種類の中で最も大きくなるという。 910 釣り
セイルフィッシュ 5 10 7 バショウカジキ。比較的小型であるが、立派な背ビレが特徴の美しい魚体を持つ。 828 釣り
ターポン 5 10 7 大きなニシンのような見た目に、銀色に輝く魚体をもつ。凶暴な大魚である。 816 釣り
地中海カジキ 5 10 7 地中海特有のカジキ。他のカジキと比べ、上アゴのクチバシが短いようだ。 816 釣り
アリゲーターガー 4 10 6 北米に生息する、最大で3mにもなる大型淡水魚。魚類や、エビなどの甲殻類を捕食する。水鳥や、小型哺乳類を襲うこともあるが、人を襲うことはあまりない。 720 ワニか、魚か
ウミユリ 4 9 6 海中の生物。深い海の底に根を張り、ゆらゆらと揺れる。
姿は、海草などの海中の植物よりも、陸上の植物に近い。しかし、海中を移動することもあるため、動物である可能性が高い。
720 時を止めた花
ジュゴン 4 9 4 海に住む大型の動物。アザラシなどと違い、陸に上がることはないようだ。海面に出て子供に乳を与えている姿が目撃され、人魚と間違われたこともある。 708 人魚の正体
マナティー 4 9 6 海に住む大型の動物。アザラシのように陸に上がることはない。泳ぎが遅く警戒心も弱いのは、敵の少ない海域で海草などを食べているからだろう。海面で子に乳を与える姿が人魚と間違われたり、怪物のセイレーンと間違われたりした。 708 カリブ海の人魚
シュリ 4 8 8 朝鮮の河川に生息する淡水魚。
つがいの片割れが死ぬと、自分もそのあとを追って死ぬという、不思議な習性を持つ。
690 朝鮮の美しい魚
カンディル 4 8 6 アマゾン川流域に生息する小型のナマズ。全長10cm程度。大型魚のエラに潜り、エラを食べたり、血を吸ったりする。エラ蓋には鋭いトゲがあり、かえしの役割をする。エラへの侵入を容易にするため頭部は平たくなっている。 680 アマゾン川の吸血魚
オオウミガラス 4 8 5 空を飛べない海鳥の一種。
「ペンギン」と呼ばれるようになった、最初の生物であるともいわれているが、我々の知るペンギンとは生態が異なるようだ。
630 北のペンギン
オウムガイ 4 8 6 鎧姿の人の顔に似た形をしている生物。
数十もある触手を使ってエサを捕食する。口と思われる場所から水を噴出して、水中を移動する。
624 美しい巻貝
オニイトマキエイ 4 8 3 マンタとも呼ばれる、非常に大きなエイ。幅が5m以上にもなり、海中で優雅に羽ばたく姿は一度は見ておくべきだろう。一見すると恐ろしい姿をしているが攻撃性などはまったくなく、近づいてもゆったりと泳いでいる。 624 海中の悪魔
カブトガニ 4 7 8 東アジアから東南アジアにかけて、一部の沿岸域に生息する生物。これとよく似た模様を持つ石もあるという。 620 未確認海洋生物
アオミノウミウシ 3 8 5 5~8cm程度の小型のウミウシ。アフリカ東岸や南岸などにかけて生息する。
青と銀の体色が鮮やかで、海の宝石ともいえる姿をしている。
600 波間の青き宝石
キコウライケツギョ 3 7 7 地元では「ファンソガリ」と呼ばれる魚。
「ソガリ」とはコウライケツギョの意味らしい。本来、コウライケツギョは褐色の個体らしく、黄色の個体は珍しいとのこと。
550 紛れ込んだ魚
ビンナガ 3 8 6 胸ビレが長いマグロの仲間。真上から見ると羽を広げているように見える。脂がよく乗っており食用としても利用価値が高い。 530 釣り
ベルーガ 3 8 5 黒海に見られる大型のチョウザメ。体長6m、重さ数トンのものもいるようだ。 528 釣り
メガネモチノウオ 3 8 5 頭部にあるコブが最大の特徴。ベラの仲間で体長は1mを超える。 528 釣り
イトウ 3 7 4 日本最北部の河川に棲む淡水魚。サケのように海へ降る。
日本の淡水域に生息する魚類の中で最も大きくなるといわれ、魚はいうまでもなく、ヘビやネズミまでも食べてしまう。
510 釣り
オタリア 3 7 5 大型のアシカのような海獣。オスには、たてがみ状の毛が生えていて、体重はメスの2倍にもなる。 506 巨大海獣
オウサマペンギン 3 7 4 大型のペンギン。水中に長時間潜ることができ、深いところで魚やイカなどを捕らえる。繁殖期には数千のつがいが集団となる。 500 セバルド島のさらなる調査
大カジキ 3 7 4 カジキは遠洋性の大型魚だが、この個体は並外れて大きい。口吻部が固くとがっている上に高速で泳ぐため、船に衝突すると沈没させられる。捕らえるのはとても無理だろう。 484 船ほどもある巨大魚
ウバザメ 3 7 7 大きなものでは12mほどにもなるサメ。比較的寒い海に生息することが多い。大きな体に似合わず、性格はおとなしく人を襲うこともない。むしろ沿岸に現れ、簡単に捕らえられてしまうこともある。 480 おっとりしたサメ
ガラパゴスペンギン 3 7 5 熱帯地域に生息する、珍しいペンギン。他のペンギンより小さく、体長は35cmほど。前屈みをしているような姿勢が特徴である。
ガラパゴス諸島にのみ生息している。
480 バルディ頭取の興味
スナメリ 3 7 6 イルカによく似た膨らんだ前頭部が特徴。主に沿岸部に生息し、河口や川の上流部でも見られる。 462 浅瀬の王者
ヨウスコウワニ 3 6 8 長江の下流域に生息する、体長150cmほどのワニ。河川や湿地など人間の生活環境に近い場所に棲むが、穏やかな性格のため人間を襲うことは少ない。 460 沙悟浄の原型
グラスキャットフィッシュ 3 7 6 体色を透明にすることで外敵から身を守っている魚。はっきりと見えるのは、骨、目、消化器官だけである。 451 透明な魚
シードラゴン 3 7 6 海藻によく似た生物。周囲の海藻に擬態して身を守る。小型のエビや魚を捕食する。 451 自由な海藻
クロチョウガイ 2 6 3 熱帯の海に生息する、大きめの二枚貝。黒真珠が取れる。真珠はまれにしか見つからないため、古代から非常な貴重品だった。クレオパトラはこの黒真珠を酢に溶かして飲んだといわれている。 370 宝石を生む貝
プレコストムス 2 6 4 南米アマゾン川に生息する淡水ナマズ。吸盤状の口で、岩や流木に生えたコケを食べる。様々な体型や体色、斑紋の種類があり、独特の美しさを持つ。見た目によらず美味。 360 釣り
エンドリケリ・エンドリケリ 2 6 4 扁平な頭部、硬い鱗に覆われた円筒形の太い胴、羽のような背びれなど、独特な姿をした魚。長寿で、10年以上生きる。ナイル川上流など、熱帯アフリカの河川に生息。 350 羽根が生えた魚の仲間
セミホウボウ 2 6 6 美しく大きな胸びれを持つ魚。その胸びれで滑空するように泳ぐ。 350 釣り
ニタリ 2 6 5 太平洋熱帯域に生息。胴体と同じくらい長い尾が特徴で、尾をムチのように叩いて小魚を捕まえる。サメとしては珍しく、海面を跳ねることも。性格はわりとおとなしい。 350 尾の長いサメ
ノコギリエイ 2 6 4 ノコギリのような吻を持つエイ。船底に穴を開け、溺れた人間を食べるとも言われているが…。 350 釣り
バラマンディ 2 6 4 東南アジアからオーストラリア沿岸に広く分布する巨大なスズキの一種。 350 釣り
ビキール・ビキール 2 6 3 円筒形で鱗に覆われたヘビのような体に、15本程の羽状の背びれ、大ぶりな尾びれ、前ひれを持つ。体長1m程で茶褐色や深緑のまだらな体色が多い。熱帯アフリカの河川、及びナイル川で稀に目撃される。 350 羽根が生えた魚
ヨーロッパオオナマズ 2 6 4 上あごに非常に長い一対の口ヒゲをもつ巨大ナマズ。成長すると、体長が5mにもなるようだ。 350 釣り
アマゾン淡水エイ 2 6 3 アマゾン川に生息する小型の淡水エイ。尾には毒棘を持つ。 340 釣り
シビレエイ 2 6 3 体内に左右一対の発電器官を持ち、それにより小魚やエビなどを電気で麻痺させて捕食する。 340 釣り
バルチックチョウザメ 2 6 3 ほのかに金色がかった茶色の体が特徴のチョウザメ。ヨーロッパ北部に分布するようだ。 340 釣り
ヒョウモンダコ 2 6 3 暖かい海に生息する小型のタコ。成体でも10cm程度である。興奮すると、青い模様が浮き出て美しい。口に毒腺があり、かまれると死亡することもある。 340 殺人ダコ
アカメ 2 5 3 土佐沖から九州の東沿岸周辺とかなり狭い地域にのみ生息する魚。1mを超える大型魚だが外洋よりも河口付近での生活を好む。
光の当たる角度によって目が赤く見えることからこの名が付いたといわれる。
330 釣り
ハナゴンドウ 2 5 6 温帯や熱帯の海に生息する生き物。他の生物などと衝突することで皮膚に引っかき傷が残る。
傷が付いた個所は、花が咲いているように見えるため、ハナゴンドウ(花巨頭)と呼ばれる。
320 傷だらけの海洋生物
ヨウスコウカワイルカ 2 5 7 長江の下流域に生息するイルカ。濁った川で暮らすためか、目が退化しているようだ。
別名、長江女神。
320 長江の女神
オオカミウオ 2 4 1 比較的寒い地域の海に生息する魚。鋭く強靭な歯で貝やカニの甲羅などを割って食べる。おとなしく、こちらがいたずらをしなければ噛みつかれることはない。 310 釣り
ネコザメ 2 5 7 日本付近の暖かい海に生息するサメ。その名前は、どことなくネコに似た顔に由来する。気性はおとなしく、人間を襲うことはほとんどない。 300 変わったサメの調査
フクロウナギ 2 9 4 深海に生息していると思われる、奇妙な姿の魚。ヘビのように細長い体に、とてつもなく大きな口をしている。尾の先は発光するようだ。 295 不気味な魚の地図
コビトペンギン 2 5 6 最小のペンギン。地下の穴や岩場などに巣を作り、オスとメスが交代で卵を温める。海で潜水を繰り返し、魚を捕らえる。 285 泳ぐ鳥
マカロニペンギン 2 5 4 大きく目立つ金色の冠毛を持つ。くちばしはオレンジ色で、その周辺にピンクの縁取りがある。とても攻撃的である。 280 セバルド島周辺の生物
クマノミ 2 5 3 暖かい海に生息する、白いしまのある魚。イソギンチャクの毒が効かないようで、敵に襲われるとイソギンチャクの触手の間に隠れてしまう。なぜ毒が効かないのかは謎だ。 260 イソギンチャクと暮らす魚
ノコギリザメ 2 5 5 目から口先までが細長く、縁に大小の突起がノコギリ状に付いているサメ。主に暖かい海の海底に生息し、泥中に細長い口先を潜らせてエサを採る。攻撃的な外見の割に、性格はおとなしい。身は大変美味。 260 釣り
ピライーバ 2 5 3 アマゾン川に生息するナマズの中でも、特に大きい。体長の2倍以上もある長いヒゲをもつ。 260 釣り
ブラックアロワナ 2 5 3 稚魚は黒い魚体だが、成魚は美しい銀色をしている。オレンジ模様のヒレを持つ。 260 釣り
ホオジロザメ 2 5 5 巨大な体と凶暴さで恐れられる海の暴君。人喰いザメとしても恐れられる。 260 釣り
マゼランアイナメ 2 5 3 南の海に生息する魚。非常に大きな口をしていて、タラのようにも見える。 260 釣り
アマゾンカワイルカ 2 8 5 アマゾン川に生息するイルカ。体色はピンクや灰色のまだらで、毛のはえた長いくちばしを持っている。カニやカメなどを食べる。 255 川に棲むイルカの地図
アオザメ 2 5 4 外洋に生息し、高速で泳ぎ獲物を捕らえる。人喰いザメとしても恐れられる。 250 釣り
アカマンボウ 2 5 3 熱帯、温帯の海に広く分布する。2mを超える円盤形の大きな体をしている。 250 釣り
キングクリップ 2 5 3 最大で2mにもなる巨大魚。南半球の深い海に生息する。イタチウオの一種。 250 釣り
タイマイ 2 8 3 やや小型のウミガメ。上のくちばしがタカのように曲がっている。甲羅は東洋で細工に使われるという話だ。 250 海に棲むカメの地図
タンバキー 2 5 3 黒い魚体の魚。大きさは1mほどもある。ピラニアの仲間のようだ。 250 釣り
ナイルアロワナ 2 5 3 ナイル川に生息するアロワナ。口が小さく黒鉄色の魚体が特徴である。 250 釣り
レッドエンペラー 2 5 3 オーストラリアの周辺に生息するフエダイの仲間。身は大変おいしい。 250 釣り
オヒョウ 2 5 2 体長3mにもなる巨大なカレイ。北極海に生息する。 240 釣り
ジャウー 2 5 2 人食いナマズとも言われる、貪欲で巨大なナマズ。 240 釣り
ピラピチンガ 2 5 2 灰色の魚体を持つピラニアの仲間。雑食性で木の実などもよく食べるようだ。 240 釣り
ヘラチョウザメ 2 8 5 北米に生息するチョウザメの仲間。鼻先が突出しているのが特徴的だが、機能的にはよくわかっていない。キャビアと呼ばれる、卵を塩漬けにしたものは珍味として多くの人に愛されている。 240 川に棲むサメの地図
カムルチー 2 6 5 朝鮮半島から中国まで広範囲に分布する、肉食系の大型淡水魚。水草の多い池や沼に生息する。
大きな口と、鋭い歯を持っている。
230 大きな魚の地図
ベニイワガニ 2 4 5 ガラパゴス諸島の海岸でよく見られる真っ赤なカニ。岩から岩へ飛び移ったり、前へ歩いたりと、通常のカニとは異なる行動をとる。海岸の岩に張り付いた海藻をハサミで取って食べる。 230 軽快に動くカニ
カンムリブダイ 2 4 4 大きなくちばしを持ちフンを土煙のように撒き散らして泳ぐブダイの仲間。 220 釣り
シロナガスクジラ 2 4 4 大きなもので30mにもなる、巨大なクジラ。体色が白っぽいため、さらに大きく見える。口の様子からすると、小さなエビなどをこしとって食べているようだ。 220 白鯨
ルリハタ 2 4 4 鮮やかな体色をもつハタの仲間。 220 釣り
オオウナギ 1 3 2 通常のウナギの倍以上にまで成長することがある魚。
ただし、ウナギとは別種で、ややずんぐりとした体形と斑模様により見分けられる。
200 釣り
コウタイ 1 6 5 台湾島や中国に分布している、体長30cmほどの魚。食用、薬用に用いられる。
赤、茶、緑など、いろいろな体色の個体がいる。
200 不気味な魚の地図
シャチ 1 4 2 10m近い体長の、クジラの仲間。特徴のある模様と人間の身長より大きな背びれを持つ。かなり大きな群れで目撃されることもある。鳴き声で仲間と連絡をしているようだ。 200 巨大で凶暴なイルカ
ワラスボ 1 6 5 中国や朝鮮などに生息する、細長く青紫色の体をした生物。
生まれたばかりのころは正常な目を備えているが、成長と共に退化し、皮膚の下に埋もれてしまう。
190 不気味な魚の地図
イワトビペンギン 1 4 5 目の上に黄色い飾り羽があるペンギン。群れで生活し、岩場を器用にジャンプしながら移動する。陸上での動作はにぶいが、水中では魚のように泳げる。 180 凛々しい目つきの鳥
チョウセントゲドジョウ 1 5 5 朝鮮周辺に生息する淡水魚。
白地に黒縞の模様が入った、美しいドジョウである。
180 縞模様のある魚の地図
ミナミイシガメ 1 5 5 中国の広い地域に分布する夜行性のカメ。日中は水底の泥や穴の中で過ごす。
他の個体に噛み付くなど、攻撃性の強い一面が見られる。
170 小さなカメの地図
カウアイ 1 3 2 アオテアロアの近海に生息する魚。スズキとサケの合いの子のような姿をしている。大きいものは全長で90cm程になる。身は厚く脂がのっていて美味。 160 釣り
コブシメ 1 3 3 南洋にすむ大型のコウイカ。カメレオンのように周りの風景に同化する。 160 釣り
コンゴウフグ 1 6 4 箱のように角張った体が特徴。目の上には小さな突起がある。海底の砂に水を吹きかけ、エサを追い出して食べる。 160 箱のような魚の地図
ゴマフエダイ 1 3 2 熱帯のマングローブ林に多く見られるフエダイの仲間。体は赤く、鋭い歯を持っている。 160 釣り
スヌーク 1 3 2 低い体高に尖った細長い顎が特徴のスズキに似た魚。大きなものは1mを超える。 160 釣り
タマカイ 1 3 3 南太平洋およびインド洋に分布する、体長数メートルにも達する巨大なハタ。 160 釣り
ファハカ 1 3 2 ナイル川に生息するフグ。淡水に生息するとは珍しいフグだ。 160 釣り
ストライパー 1 3 2 体に縞模様を持つスズキの一種で、淡水・汽水・海水に生息する。 150 釣り
ツチクジラ 1 5 5 北太平洋の比較的暖かい海域に生息するクジラ。体長およそ10m。頭の形が槌(つち)に似ていることから、この名が付いたという。 150 槌に似た頭のクジラの地図
ナイルパーチ 1 3 2 ナイル川流域に広く分布するスズキの仲間。大きなものは200kgにもなるようだ。 150 釣り
アオウミガメ 1 3 2 温暖な海に住む、青いウミガメ。水から上げると意外に茶色い体をしている。甲羅の直径が1m以上にもなる。 140 青い海の青いカメ
アカウミガメ 1 3 2 熱帯から温帯にかけて生息する、大型のウミガメ。甲羅は赤褐色。大きな個体では体重が300kgを超える。 140 暖かな海の大きなカメ
チンアナゴ 1 4 5 浅い海の底に生息する魚。チンという犬に顔が似ていることから、この名が付いた。
群れになって砂の中から頭をのぞかせ、潮が流れてくる方向に顔を向けている姿がよく見られる。
130 イヌ顔の魚の地図
ヤガラ 1 4 2 口の長さと形が特徴的な細長い体の魚。
体は赤いが身は白く、外見からは想像できないほど美味である。
見た目のせいか、獲れても逃がされることが多いらしい。
130 釣り
ヤナギナマズ 1 4 5 朝鮮の渓流に生息する珍しいナマズ。
地元では、山のナマズを意味する、「サンメギ」という名で呼ばれている。
130 山の魚の地図
クエ 1 3 1 ハタ科の魚の中でも大きくなる種で、1mを超えることもある。
夜行性で、昼間は岩場に潜み、夜になると海底付近をゆったりと泳ぎながらエサとなる魚介類を探し求める。
98 釣り
アンコウ 1 5 1 かなり深い海に住む、大型の魚。平べったく巨大な口を持ち、頭から生えている枝のような突起でエサをおびきよせるらしい。 97 不気味な魚の地図
ホンビノスガイ 1 3 1 食用にもされる、一般的な二枚貝。殻の表面はザラザラしている。比較的多くの場所で見ることができる。 90 よく見る貝の地図
ジンベエザメ 1 2 3 15mを超える大型のサメである。背中には独特の白斑がある。サメとはいっても、鋭い歯もなく泳ぎも遅くて、まったく害のない魚である。ほかの魚がついていることが多く、このサメがいると大漁が見こめるという。 80 熱帯の巨大な魚
セミクジラ 1 2 2 暖かな海で見られる、動作の緩やかなクジラである。体には多数のフジツボなどが付着する。死んだあと沈まないのだが、なぜかは不明である。 70 のんびりしたクジラ
猛毒の海蛇 1 3 2 熱帯の海で見られる、海に住むヘビ。猛毒を持つものが多く、かまれるとほぼ死亡する。しかし、性質はおとなしく、刺激しなければ襲ってこないようだ。 68 危険な海蛇の地図
イモガイ 1 3 2 一見ただの巻貝だが、猛毒を持つ。近くを通りかかった魚に向かって毒針を飛ばし、殺してエサにする。人間が刺されると高確率で死亡する。 64 毒貝の地図
ウツボ 1 3 4 温暖で浅い海に生息。細長でヒレが小さく、太いヘビのような姿をしている。近くに敵が来ると口を大きく開けて威嚇し、鋭い歯で噛みつくこともある。
体の模様や色は決まっておらず、多彩であるようだ。
60 不気味な魚の地図
シビレナマズ 1 2 1 発電するナマズ。小さな丸い目に円筒形の体と、愛らしい姿をしているが、強力な電気を発して小魚やカニなどを麻痺させて食べる性質を持つ。北アフリカの、ナイル川や湖などの淡水域に生息。 60 釣り
ホラガイ 1 4 3 40cmにもなる、大きな巻貝。インドや東洋では、この貝殻を笛として使うそうだ。低い大きな音が出て、遠くまで聞こえるという。 59 大きな貝の地図
マッコウクジラ 1 1 2 20m近くにもなる、大型のクジラ。頭部が大きく、口には硬い歯が並んでいる。巨大なイカと戦っている姿が目撃されたこともあるという。船を襲ったりはしないようだ。 50 クジラの生態調査
ケープペンギン 1 2 1 頭からのどにかけて独特の模様があるペンギン。南アフリカに生息する。何羽いるのかわからないほどの大群で生息している。 39 黒い水鳥の地図
ミノカサゴ 1 2 2 温暖な海で見られる、扇のようなヒレを持つ魚。背ビレと胸ビレが特に大きい。このヒレの先端には毒針があり人間が刺されると死ぬこともある。 35 毒魚の地図
シュモクザメ 1 1 2 ハンマーのような、独特の頭部をしたサメ。性質は凶暴で、人が襲われることもある。目が両側に張り出しているため、他のサメより視野が広く、さらに危険だという。 30 サメの生息地調査
チョウチョウウオ 1 1 2 熱帯の海で見られる美しい色の魚。平べったい体をしており、口はとがっている。さまざまな色や模様のものがいる。 29 カラフルな魚の地図
イルカ 1 2 1 温暖な海でよく見かける大型の魚。なぜか水中で息ができず、背中にある穴で空気呼吸するようだ。魚ではないのかもしれない。 27 跳ねる魚の地図
ゴンズイ 1 1 1 ドジョウやナマズに似た海水魚。背中に毒針を持つ。釣り上げたときにうっかり握ると大変なことになる。幼魚は群れて生活するため成魚より危険である。 21 毒魚の地図
カツオノエボシ 1 1 2 透き通った青い体を持つクラゲ。体部は水面に浮かんでおり、その周辺に数十mもの長さがある触手が伸びている。激烈な毒があり、人が死ぬことも珍しくない。切れた触手だけが浮遊して、被害が出ることもある。 20 洋上の危険物
サンゴ 1 1 1 熱帯の海で広く見られる美しい生物。一見植物のようだが、近くでよく見ると、ごく小さいイソギンチャクのようなものがびっしりと並んでいる。地元の人間に聞くと、ゆっくり成長するそうだ。 15 サンゴの採れる海域の地図
ハリセンボン 1 1 1 警戒するとふくらんで多数の針が立つ魚。おそらくフグの仲間であろう。温暖な海でよく見られる。 13 トゲのある魚の地図
タカラガイ 1 1 1 古代では貨幣の替わりに使われたという、美しい艶をもつ貝。温暖な海でよく見られる。 10 艶のある貝の地図
アカシマシラヒゲエビ 鮮やかな色のエビの地図
イエロースティングレイ 斑模様のエイの地図
カラフトマス 釣り
キングサーモン 釣り
クリオネ 氷海の天使
グリーンモレイ 緑色の巨大魚
コククジラ 斑模様のクジラの地図
サカタザメ 釣り
トビイカ 海面を飛ぶ生物の調査
ニシオンデンザメ のろまなサメ
ヌタウナギ 釣り
ノボリエビス 美しい魚の地図
ノーザンパイク 釣り
ハーフバードパウト 釣り
ミンククジラ 小型のクジラの地図