史跡

名称 ランク 難度 カード 説明 経験 発見方法
テノチティトラン 5 10 10 アステカ帝国の首都。テスココ湖の中心にある島に作られた都で、岸に向けて3本の橋が架かるさまは壮麗。コルテスも「あまりに広く美しいので半分しか報告しません」と報告書に記している。 1274 別世界
ランス・オ・メドー 5 14 10 新大陸北部、テラ・ノヴァにある史跡。北欧のヴァイキングが移住した場所と考えられている。いくつかの建物が良い状態で残っておりこれらは作業場として使われたと考えられている。 1270 悪夢を醒ます夢
マチュピチュ 5 12 10 高い峰々に囲まれたインカ帝国の都市。ケチュア語で「老いた峰」を意味する。段々畑や居住区、神殿などが計画的に配置され、インカの高度な建築技術がうかがえる。 1200 儀式の場所
万里の長城 5 13 10 全長6000km以上にも及ぶ堅固な大城壁。
秦の始皇帝が、国の北側に建造された城壁をつなぎ合わせて造ったのが始まりである。
1190 華北の建造物調査
パレンケ 5 12 9 深い森の中にたたずむマヤの古い遺跡。中心部にある宮殿のような建物の向かいには、なにやら壁にびっしりと刻まれた神殿がある。これを解読できれば、マヤについて深く知ることができるかもしれない。 1183 星の戦争
サーペント・マウンド 5 13 9 北米東部にある、ヘビのような形をした丘。丘の周りは堀があり、陵墓のようでもあるが不明な部分も多い。
ヘビの形は星座に関係しているのかもしれない。
1120 丘か、陵墓か
安土城 5 12 10 五層七階の天守を備えた日本の城郭。その壮麗な姿は、築城主の勢威を物語る。
火災が起こって以来、天守は使用されていない。
1120 覇業の残光
紅毛城 5 12 10 イスパニア人が築城した赤い城。鄭成功が台湾島を平定してからは廃屋となっている。
華やかな外観だが、地下からは異様な雰囲気が漂ってくる…。
1120 中断された依頼
チョガ・ザンビール 5 11 8 古代エラム人が築いた宗教的中心地の遺構。連結した壁で三層に仕切られており、その最も内側にはジッグラトが建てられている。保存状態がかなり良いという特徴がある。 1060 旧約聖書の逸話の元
クスコ 5 11 10 インカ帝国中心都市。クスコとは現地の言葉で「へそ」という意味だという。滑らかで美しい巨石を幾重にも組んで作られ、その間には爪の先も入らないほどだ。この技術には目を見張るものがある。 1040 アンデスにそびえる都
コパン遺跡 5 11 9 大雨による川の氾濫で発見された、マヤの大都市遺跡。他のマヤ遺跡には見られない独特の石像彫刻や壁画が見られ、彫刻技術の高さを感じさせる。 1040 街の奥にあったもの
フマナ平原 5 11 9 南米大陸の中腹、アンデス山脈の西側の裾野にある高原。砂漠が広がっており、ところどころにくぼみがある。なにやらただのくぼみではなさそうだが…。 1030 未開の土地の妙なもの
ウルル 5 10 8 オーストラリアの先住民アボリジニにウルルと呼ばれている、一枚岩でできた巨大な岩。アボリジニにとっては聖地である。ウルルには精霊が宿っていると考えられ、儀式の際は多くのアボリジニたちが集まる。 1027 砂漠の向こうの聖地
トロイ考古学地区 5 10 6 ホメロス作の叙事詩「イリアス」で語られるトロイの遺跡。別名はイリオス。トロイの木馬でギリシャ軍に城内に進入され、滅んだと伝えられる。 1027 トロイ
トゥウェイフルフォンテーン 5 10 9 西アフリカに位置する遺跡。2000点を超える線画が岩石に描かれている。主にゾウやキリンなどの動物が描かれており、中には人間の足型なども見られる。 970 岩壁の絵
ハドリアヌスの長城 5 10 5 ローマ帝国の時代に、皇帝ハドリアヌスの命により築かれた防塁。帝国領土への、ケルト人の侵入を阻止することが目的とされる。
10年もの歳月をかけ、110km余りの距離にわたって建設された。
950 ローマ帝国の政策転換
巨人のテーブル 5 9 5 バレン高原に存在する古代史跡。新石器時代に建てられた墓だと思われる。この巨大な岩を、どのように運んだのだろうか…。 820 巨人の積み上げた石
豫園 5 10 9 読みは「ゆえん」。
四川の役人が、故郷を懐かしむ両親のために贈った庭園。
この名前には、平和な楽しい園という意味が込められている。
810 きらびやかな庭園
ジョギンズの化石の崖群 4 10 9 不思議な石が多く見られる崖。もともとは、ただの石崖だったが、潮の浸食により、動物の骨が石化したものが多く見つかるようになった。 800 太古の崖
ガムラ・ウプサラ 4 8 7 ストックホルムより北に位置する地域名。
中世まで北欧の中心地として栄え、歴代のスウェーデン王の墳墓と居城があった。近くには北欧最古のウプサラ大学があり、グスタフ2世アドルフの右腕であるオクセンシェルナなどを輩出している。
750 戴冠の地
古代の闘技場 4 9 8 古代の球技「トラチトリ」が行われていたと思われる球場。
他のマヤ文明の遺跡でも球場は見られるが、コパンのものは最大級であることから、当時の勢力の大きさが窺える。
720 広場にある斜面
熱蘭遮城 4 9 9 読みは「ゼーランディアじょう」。ネーデルラント人が台湾島に築城した城砦。
石材で築かれた堅固な城で、大量の船が停泊できる大きな港を擁していた。
720 王城の過去
クノッソス宮殿 4 8 5 古代クレタ文明の遺跡である。ギリシャ神話に登場する、ミノス王の居城跡。この宮殿の奥には、ミノタウロスがいたという迷宮「ラビュリントス」があったと伝えられる。 708 ラビュリントスの伝説
ウルク 4 8 7 古代メソポタミアにおいて栄えた、シュメール人の都市の一つ。古代の文字が刻まれた粘土板が多数見つかっており、かつての政治・経済の中心地であったことを物語っている。 700 伝説の王にまつわる遺跡
サットン・フー 4 8 5 ブリテン島の東部にある、古代の墓所。棺の代わりに、船の中に遺体を納めてある。船には多くの副葬品も備えられており、古代の生活を今に伝えている。 700 船の墓
武寧王陵 4 10 8 百済25代王、武寧王の陵墓。
武寧王は百済の国力を回復するため、中国や日本と密接な関係を築き上げたという。
700 百済の都の名残
カホキアの土塁 4 8 9 ミシシッピ川流域に住む人々が築いた、巨大な土塁。土塁の上には身分の高い人物が住んだといわれる。最大のもので、規模はおよそ縦300m、横250m、高さ30mにも及ぶ。 640 巨大な丘
チチェンイッツァ 4 7 7 ユカタン半島に花開いたマヤの遺跡。「チチェンイッツァ」とは、「泉のほとり」という意味らしい。非常に広大な土地に展開し、ピラミッド型神殿を中心に、聖なる泉、戦士の神殿、天文台などがある。 624 水のない文明
景福宮 4 7 5 朝鮮王朝の王宮として建築された、豪華な宮殿。
宮の名前は、王とその子孫、国民みんなが太平盛大の福を享受するように、祈りを込めて付けられたという。
620 漢陽の宮殿
ヴェルギナ遺跡 4 7 4 古代マケドニアの都・アイガイがあったとされる遺跡。マケドニア王のものと考えられる古墳がある。 612 見果てぬ夢
フォロ・ロマーノ 3 7 5 古代ローマの政治・経済・宗教の中心地だったとされる遺跡。広場や議事堂、神殿などの遺構が並び、隆盛を極めた古代ローマの有様をうかがい知れる。 540 古代遺跡の歩き方
金庚信の墓 3 7 8 新羅の将軍・金庚信の墓。
金庚信は花郎の出身で武烈王から厚い信頼を得た。新羅の三国統一に多大な功績を残したものの、統一目前で没し、ここに葬られた。
540 花郎の将軍
ラガシュ 3 6 6 古代メソポタミアにおいて栄えた、シュメール人の都市の一つ。隣国・ウンマの王であるルガルザゲシの征服によって衰退した。 510 ウルに並ぶ都市国家
手形で描かれた壁画 3 7 6 先住民によって作られた洞窟壁画。「多くの手の洞窟」という意味を持つ。赤い顔料によって残された手形の他に、この近辺で見られる野生動物を模した絵も一緒に描かれている。 500 洞窟で見た恐怖
ヤシ油製造場跡 3 7 7 儀式に使用されていたヤシ油を製造するための場所。石の台の上で作られたヤシ油は、使用しないときもこの場所に保管される。 490 誘いの甘い香り
モヘンジョ・ダロ 3 6 5 インダス文明の大都市遺跡。非常によく整備された街並みを持ち、下水道すら完備されている。「死の丘」などと呼ばれるのは、全体に人骨が散在するためである。 473 古代文明の大都市
コロッセウム 3 6 6 古代ローマの帝政期に築かれた円形闘技場。四万人余りの観客を収容でき、幾度もの剣闘士競技が繰り広げられた場所である。皇帝・ネロの巨像(コロッスス)が近くにあったため、コロッセウムと呼ばれるようになったという。 470 古代遺跡と闘技場
カッパドキア 2 5 3 長い間、風雨にさらされた奇岩がそびえたつ地域。かつて迫害を避けた人々が岩をくりぬいて作った街が残っている。 350 奇岩の宗教都市
ウル 2 5 3 古代メソポタミアで、政治と経済の中心地だったと言われるシュメール人の都市。ウル・ナンム王が建造したという、ジッグラトと呼ばれる建造物が大きな特徴。 330 古代メソポタミアの都市
コンスタンティヌスの凱旋門 2 4 4 帝政ローマ時代、戦争後の凱旋記念のために作られた門。コンスタンティヌス帝が正帝のマクセンティウス帝の勝利を祝って、作ったといわれている。 330 つぎはぎの門
昌徳宮 2 5 6 景福宮の離宮。
他の宮は、威厳を示すため、人為的に地形を作って建てられることが多いが、この離宮は自然の地形に合わせて建てられている。
300 もうひとつの宮殿
ジンバブエ遺跡 2 4 3 アフリカ南方にある、石造の建造物群。ショナ語で「石の家」という意味で、モノモタパ王国の都であった。アフリカで石造建築物を持つ文化は珍しい。 260 大いなる石の家
ボイン渓谷遺跡群 2 4 3 アイルランドにある、先史時代の遺跡群。緻密な石組みの墳墓が並ぶ。奥の墓室には冬至の前後数日のみ、朝日が差し込む。 250 アイルランドの遺跡
アッピア街道 2 4 2 共和制ローマ時代に造られた、ローマからイタリア半島南東岸に延びる街道。ローマ街道の中でもっとも歴史が古く、もっとも美しいといわれている。 230 すべての道はローマに通ず
ペルセポリス遺跡 2 3 2 アケメネス朝ペルシャのダレイオス1世が着工した、ペルシャの大宮殿跡。広大な敷地に多数の石柱や独特の石像、すばらしいレリーフが残る。 220 古代ペルシャの大宮殿
ヘイアウ 1 8 3 積み石で囲んだ一帯で聖域とされる。ハワイ島の随所に散在する。精霊や神々への祈りを捧げる場所であるらしく、祭神によって呼び方も異なる。 182 石囲いの聖地
パフォス 1 2 2 キプロスの丘の上にある、古代ローマの遺跡である。建物跡やモザイクの壁画などが数多く残る。キプロスは、多くの文明が交錯した土地である。 135 美の女神に捧げられた街
ビブロス 1 2 2 古代の砦や街の遺跡。幾度も支配勢力が交替したため、複数の文明の遺構が複雑に重なり合っている。 135 宝物の要塞
カルタゴ遺跡 1 1 2 古代フェニキア人が造った都市国家の跡。第三次ポエニ戦争でローマに滅ぼされたといわれる。カエサルによって再建されたが、7世紀末に廃墟となった。 110 ポエニ戦争の爪跡
レプティス・マグナの遺跡 1 1 2 ローマのセプティミウス・セウェルス帝が建造した大都市の遺構。大理石をふんだんに使った施設跡が並び、当時の興隆が見えるようだ。 105 古代ローマの都市跡
オリンピア遺跡 1 1 2 多数の神殿や競技場がある古代ギリシャの遺跡。オリンピック競技が行われていたため、各種競技に関連する建造物が多い。 100 ゼウスに捧げる祭典
ポンペイ遺跡 1 1 2 ヴェスヴィオ火山の大噴火によって一瞬で滅びた、古代ローマの都市。火山灰に埋もれていたため当時の生活の様子が生々しく残る。 100 埋もれたローマ遺跡
カルナック巨石群 1 1 3 先史時代の巨石群。4000を超える巨石が立ち並ぶが、なんのために並べたのか、まったく謎である。付近には巨石遺構が多く、墓のようなものもある。 95 列をなす巨石
アルタイ山脈の岩刻絵群 山壁の絵
カンペチェ要塞 カンペチェ湾の要塞
クリフ・パレス 岩窟遺跡の調査
ザナドゥ 約束がくれた未来
セルメルミュート グリーンランドの居住跡
タオス・プエブロ 積み重ねられたレンガの家
テペ・ガウラ ダ・ヴィンチ氏からのおつかい
ニネヴェ 王の図書館
ハトラ 神の家
ボルシッパ 海の角
リューリクの墓 ロシアの始まり