El Oriente Chapter 2 : Ilha Formosa の追加発見物

種類 名称 ランク 難度 カード 説明 経験 発見方法
史跡 紅毛城 5 12 10 イスパニア人が築城した赤い城。鄭成功が台湾島を平定してからは廃屋となっている。
華やかな外観だが、地下からは異様な雰囲気が漂ってくる…。
1120 中断された依頼
史跡 熱蘭遮城 4 9 9 読みは「ゼーランディアじょう」。ネーデルラント人が台湾島に築城した城砦。
石材で築かれた堅固な城で、大量の船が停泊できる大きな港を擁していた。
720 王城の過去
歴史遺物 月形石柱 5 13 10 台湾島の古代文化の集落があった場所に残されていた、厚さ20cmほどの柱。
祭祀用の石であったとの説や、建築物の壁であったという説など、諸説ある。
1210 大地にたたずむ石柱
歴史遺物 諸葛弓弩 5 13 10 読みは「しょかつきゅうど」。明代に発明された連発式の弩。
弓の上部に矢を十本収納することで連射を可能にした。三国時代の軍師・諸葛亮にちなんだ名前と思われる。
1170 思い出した一言
歴史遺物 鶯歌石 4 7 7 読み方は、「おうかせき」。
台北(タイペイ)の山にある巨石。瘴気を吐き、人々に害をもたらしていた怪鳥が鄭成功に撃ち落とされて石となったという伝説が残っている。
620 淡水周辺の安全調査
歴史遺物 蒔絵の硯箱 3 6 7 日本で作られた、硯や筆を収める箱。蒔絵の技法が用いられた、秀逸な工芸品である。
蒔絵とは、漆器の表面に漆で紋様を描き、漆が乾く前に金粉などの金属粉を蒔いて定着させる技法である。
460 歴史に残る名品
歴史遺物 金銅製の骨蔵器 2 5 6 飛鳥時代以降に作られた骨蔵器の一つ。金銅製の器の中に、遺骨が納められている。
蓋や本体に銘文が刻まれており、故人を偲ぶことができる。
310 優れた官人の軌跡
歴史遺物 熱蘭遮城図 2 8 5 読みは「ゼーランディアじょうず」。熱蘭遮城を俯瞰して描いたと思われる絵図。
誰が描いたものなのかは不明だが、きれいな状態で保存されていたようだ。
290 城の俯瞰図
歴史遺物 左鎮人の頭骨 1 5 5 読みは「さちんじんのずこつ」。遥か昔、台湾島に住んでいた人類の頭骨。
周囲から骨角器なども見つかっており、狩猟生活をしていた時代の人類であると推察される。
190 奇妙な頭蓋骨の地図
歴史遺物 台湾全島図 1 5 5 台湾島の全体図と思われる絵図。
台湾地域の地図は三つの諸島として描かれたものが多かったが、この地図では一つの島になっている。
150 大きな島の地図
宗教遺物 火渡りの神輿 5 11 9 読みは「ひわたりのみこし」。古代から台湾島に伝わる神輿。清めの儀式で使われた。
この神輿を担ぎ、熱い灰の上を歩くと、穢れが取り除かれ、災いを避けられるといわれている。
1060 灰の上を歩く祭り
宗教遺物 福徳正神の像 5 11 8 読みは「ふくとくせいしんのぞう」。五穀豊穣や蓄財祈願の信仰から生まれた自然神の像で、土地公とも呼ばれる。
主に人々に財を与える福の神として、台湾島で親しまれている。
950 土地公
宗教遺物 厳島装飾経 4 9 8 厳島神社に納められた装飾経のうちの一つ。意匠を凝らした、華やかな装飾経で、有力者の戦勝や繁栄の祈りが込められている。 710 装飾経の追加調査
宗教遺物 達谷窟 3 7 6 読みは「たっこくのいわや」。平安時代の武官・坂上田村麻呂が、戦勝を記念して東北地方に建てた堂。建物の半分が崖に埋まり込んだような、独特の外観を持つ。毘沙門天が祀られている。 520 崖に埋もれた堂
宗教遺物 道成寺の鐘 3 7 6 ある寺院に奉納されている、いわくつきの釣鐘。ある女に追われた僧侶が鐘の中に逃げ込んだものの、ヘビに化けた女に鐘ごと焼き殺されたという伝説がある。よく見たら、なにかが巻きついたような形跡がある…。 510 置かれた釣鐘
宗教遺物 媽祖像 3 7 6 読みは「まそぞう」。道教の女神像で、航海や漁業の守護神として信仰を集めている。
大陸からの移民が台湾島に到着した際も、媽祖に感謝したといい、広く信奉されている。
500 船乗りたちを見守る像
宗教遺物 曼荼羅図 3 7 7 読み方は、「まんだらず」。古代インドを起源とする、日本の宗教絵画の一つ。
曼荼羅とは、仏教の世界観を表現したものである。この図では、阿弥陀如来を中心とした極楽浄土の様子が描かれている。
480 仏界の絵図
宗教遺物 顕戒論 3 6 7 読みは、「けんかいろん」。日本の仏僧・最澄が著した書。
平安時代における仏教制度の不平等性を批判し、自らの仏教思想の正当性を説いている。
440 最澄という僧を知る
宗教遺物 装飾経 2 6 6 装飾を施した上質の紙に風俗画を描き、その上から仏教の経文を書き写したもの。
平安時代の華やかな貴族文化を表しており、美術品としても高く評価される。
370 華やかな経文
宗教遺物 鳥居 2 5 6 神社へと続く参道に配置された、門の一種。この鳥居に見られる赤い色は、厄除けの意味を持つとされている。日本では、こうした鳥居によって、聖域と俗界が区分されている。 330 神社跡の調査依頼
宗教遺物 中壇元帥の銅像 2 8 5 読みは「ちゅうだんげんすいのどうぞう」。道教で崇められている少年神の像。台北に納められていた。
中壇元帥はナタ太子とも呼ばれ、魔力を秘めた布や、火を放つ槍を持って戦う姿で表されている。
300 道教の少年像の地図
美術品 源氏物語絵巻 4 8 8 源氏物語を題材とした日本の絵巻物の一つ。文と絵を交互に楽しめるように構成されている。物語文の後に、物語の一場面を描いた絵が添えられている。 640 絵で楽しむ恋物語
美術品 雪舟の山水画 4 7 8 室町時代の禅僧・雪舟の筆による水墨画。
どっしりとした安定感のある構図と、力強い筆使いが特徴。
620 名画の奪還
美術品 長谷川等伯の屏風絵 3 7 7 日本の絵師・長谷川等伯の筆による屏風絵。江戸時代初期の主流である狩野派に対抗し、独自の作風で生み出した作品の一つである。 490 異端の名画
美術品 狩野元信の風景画 3 6 6 室町時代の絵師・狩野元信によって描かれた障壁画の一つ。
唐絵に大和絵の様式を取り入れることで、それまでにない大きな画面の構成が可能となっている。
470 当代一流の絵画とは
美術品 洛中洛外図 2 6 6 日本の都である京の街中と郊外を、高い位置から見下ろした構図で描いた屏風絵。
華美な美術品であると同時に、街や人々の様子を示す史料ともなり得る。
370 金の都
美術品 合戦絵巻 2 6 7 ある武家の来歴がまとめられた、日本の絵巻物。合戦の描写が主軸となっている。
やかな色彩で描き出された光景は、武士の活躍を目の当たりにさせると共に、戦の凄惨さをも物語っている。
370 軍記物語にまつわる絵
美術品 鳥獣人物画 2 5 6 擬人化された動物が描かれている、日本の絵巻物の一部。
当時の庶民の生活の様子が、動物の姿を借りて生き生きと表現されている。
340 人のような動物
美術品 市中風俗絵巻 2 4 5 都に住む人々の様子を描いた日本の絵巻物。人々の服装や街並み、祭りの光景などが、克明かつ生き生きと描き出されている。美術品であると同時に、描かれた当時の文化を示す貴重な史料でもある。 260 人々の暮らしの調査法
美術品 雪舟の風景画 2 7 5 室町時代の禅僧・雪舟が描いた水墨画。
見事な景観が、力強く自由な筆致で、開放感たっぷりに表現されている。
250 風景画の地図
美術品 寺社縁起絵巻 1 5 5 ある寺院と、そこに関わる仏僧についての奇跡譚がまとめられた、日本の絵巻物。
貴賎の別なく、信仰を求める人々の様子が、表情豊かに描かれている。
200 絵巻物の地図
美術品 俵屋宗達の屏風絵 1 6 5 江戸時代の絵師・俵屋宗達によって描かれた屏風絵。
伝統的な大和絵の技法に加え、独特の技法と構図が取られている点が特徴的である。
180 華やかな屏風絵の地図
美術品 唐絵屏風 1 4 4 読みは「からえびょうぶ」。中国伝来の技法や画風で描かれた、日本の屏風。有力者の邸宅や宮中などで、調度品として用いられた。 130 珍しい屏風絵の地図
財宝 台南の地図 5 12 10 読みは「タイナンのちず」。ネーデルラント軍が占領していた港や道路を示した台南の地図。鄭芝龍の部下だった何斌が鄭成功に献上した。台湾島へ安全に上陸するために、大きく役立った。 1040 鄭成功についての調査
財宝 鄭氏の印 4 10 9 「鄭氏」と刻まれた金属製の印。
鄭氏が貿易の際に認印として使用していたものと思われる。
800 鄭成功についての再調査
財宝 東大寺香木 4 9 8 東大寺正倉院に収蔵されている、極上の香木の一つ。
正倉院には、沈香・麝香・白檀など多くの香木が収められており、香だけでなく薬としても用いられていた。
750 愛され尊ばれた香料
財宝 五弦の琵琶 4 8 8 読みは、「ごげんのびわ」。日本で作られた質素な作りの琵琶。ある宝物庫には、昔インドから日本に贈られたとされる美しい五弦の琵琶が保管されているらしいが詳細は不明。実物を見られる者は限られているようだ。 690 伝来の弦楽器
財宝 タタラ船 4 8 7 蘭嶼島に住む台湾島先住民に伝わる、伝統的な船。ゴンドラの形をしており、不安定。
友人同士で出漁するために使う。
650 蘭嶼の変わった船
財宝 安土城瓦 3 7 5 安土城の屋根に葺かれた黒い軒瓦。前面には三つ巴の紋があり、凹んでいる部分には金箔が貼られている。
火災により、燻された跡が残っている。
520 安土城深階層
財宝 北投石 3 7 6 台北で産出される鉱石の一種。薬石として高い医療効果が期待されており、あらゆる疾病に有効であるといわれている。 510 紅毛城中階層
財宝 人獣型耳飾 2 10 6 台湾島先住民の集落から発掘された耳飾り。人間の頭に獣が乗っている形をしており、人間と聖なる動物との関わりを示すという。 380 古代の装飾品の地図
財宝 変わり前立て 2 8 7 日本のある武将が身につけたといわれる兜。前面に「愛」と書かれた立物(たてもの)をつけている。立物は本来大将しか身につけられず、形も決まっていたが、近年は下級兵士にも開放され、意匠も多様化している。 365 ある大名の兜の地図
財宝 人面のつぼ 2 5 4 台湾島で見つかった、腹部に人の顔が描かれたつぼ。
うっすらと描かれた眉や切れ長の目など、その表現力は当時の人々が高い製陶技術を持っていたことを示している。
330 紅毛城上階層
財宝 瑠璃珠の首飾り 2 5 6 台湾島先住民の一部に家宝として代々伝えられていた首飾り。
瑠璃珠には神聖な力が宿ると信じられ、病気治療の儀式にも使用される。
310 集落の痕跡
財宝 百歩蛇のつぼ 2 9 5 百歩蛇(ヒャッポダ)をかたどった陶器のつぼ。
台湾島先住民であるルカイ民族やパイワン民族の制度では、貴族の身分の象徴とされ、平民は所有できない。
290 古代の道具の地図
財宝 口簧琴 1 4 4 読みは、「こうこうきん」。台湾島の先住民の玩具。
竹や金属などで製作される。音程の異なる複数の弁を持つ。
120 笛のような楽器の地図
植物 シマトネリコ 4 8 8 台湾島やインドに生息する、小さくて白い花を咲かせる植物。特有の芳香を持ち、葉には光沢が見られる。
秋になると小さな実を付ける。
660 病弱な母への贈り物
植物 バンレイシ 3 6 7 ネーデルラント人によって台湾島に持ち込まれた植物。
果実の表面が仏像の頭部に似ていることから釈迦頭とも呼ばれる。
490 風変わりな果物
植物 タカサゴユリ 3 6 5 台湾島の山地で多く見かけられる、花の外側が赤く染まっている植物。
一年ほどで開花するため、荒地などでもよく繁殖している。
460 一味違う街路樹
植物 タイワンモクゲンジ 2 6 3 主に台湾島に生息する黄色い花を咲かせる植物。桃色の房状の果実は花と見間違うほど小粒である。
秋を告げる木ともいわれる。
360 一味違う街路樹
植物 アイギョクシ 2 5 3 台湾島の山中にのみ生息する貴重な植物。
この果実から、アイギョクと呼ばれるお菓子が作られている。
330 お菓子の原材料
植物 リュウガン 2 4 6 台湾島や中国南部などの暖かい地域で、初夏に黄白色の小花をたくさん付ける植物。
直径2cmほどの果実が実る。
果実を半分に切った時の見た目が龍の目玉に見えることから、この名前が付いた。
270 龍の目に似た果実
植物 ヒイラギナンテン 1 3 4 台湾島や中国南部などに分布する、乾燥に強い低木。筒状に集まった、小さくて黄色い花を咲かせる。
葉の縁がギザギザになっており、先端は硬い針状である。
100 植物の生息地図
虫類 イシガケチョウ 5 11 8 主に東アジアに生息する、白地に黒の細かい筋模様が複雑に入った羽を持つチョウ。
羽を水平に開いて止まる習性を持つ。人の気配に敏感で、近付くとすぐに逃げてしまう。
1030 地に張り付くチョウ
虫類 ベニモンアゲハ 4 9 8 中国南部からインドにかけて生息する、黒い羽に赤や白の斑点を持つチョウ。
幼虫時に食べる草から毒を体内に取り込み、敵から身を守る。
740 チョウが持つ毒
虫類 ホッポゼミ 2 9 5 台湾島にのみ生息する小さな体と赤い目が特徴的なセミ。朝や夕方によく鳴き、鳴き声は遠くまで響く。
別名ホッポヒグラシ。
340 小さなセミの地図
虫類 テナガコガネ 2 4 6 台湾島付近や中国に生息するコガネムシ。雄は前脚がとても長い。繁殖能力が低いため、あまり見かけることができない。 260 少年好みの虫探し
虫類 クロアゲハ 1 6 5 台湾島や中国を含め、広い地域に生息するチョウ。艶やかな黒い羽を持つが、雄の後羽には時間と共に変色していく模様がある。
他のアゲハチョウより暗い場所を好む。
190 黒いチョウの地図
虫類 シロオビアゲハ 1 3 7 中国南部からインドにかけて生息する、白い斑点がきれいに並んだ羽を持つチョウ。
毒性がないため、ベニモンアゲハに体色を似せることで敵から身を守る。
180 ベニモンアゲハに似たチョウ
鳥類 サンケイ 5 13 8 台湾島に生息する大型の鳥。雄の体長は、約70cmほどある。
警戒心が強く、めったに姿を現さない。
1250 台湾島の鳥調査をもう一度
鳥類 ルリチョウ 5 10 9 台湾島にのみ生息する鳥。体長は30cmほどあるが、尾は短い。
脚とくちばしががっしりとしているのが特徴である。
930 船乗りの言い争い
鳥類 ゴシキドリ 5 10 9 中国南部から東南アジアにかけて生息する、体が五色で彩られている鳥。樹幹にくちばしで丸く出入り口を掘り巣を作る。夜はその巣で眠る。 930 遠き地への調査依頼
鳥類 ミカドキジ 5 10 6 台湾島の、標高が高い山地にのみ生息する希少な鳥。体長は約70cmと大型で、長い尾が特徴である。 930 台湾島の鳥調査再び
鳥類 タカサゴマシコ 4 8 5 山麓の森林や農耕地に生息する鳥。
雄は鮮やかな赤い色をしており、とても目立つが、めったに見られない。台湾島では阿里山で見かけられる。
680 台湾島の鳥調査
鳥類 ヤマムスメ 3 7 7 台湾島にのみ生息する大きな鳥。赤いくちばしと縞模様の長い尾、青い体が特徴的。飛ぶと、尾にある二枚の長い羽がひらひらと揺れる。 530 ひらり揺れる尾羽
鳥類 アリサンヒタキ 3 7 8 全長12cmほどの小さな鳥。標高の高い山中に生息し、阿里山でよく目撃されることから、この名前が付いた。 490 阿里山の動物調査
鳥類 カンムリチメドリ 2 5 6 台湾島に生息する、全長約15cmの小さな鳥。濃い茶色の冠のような頭と、つぶらな眼が特徴である。
人懐こく人間のすぐ近くにまで寄ってくる。
310 子煩悩の父
鳥類 オウチュウ 2 8 5 台湾島や中国などの、農耕地や市街地に生息する黒い鳥。長い尾の先が、逆Y字のように割れているのが特徴である。 260 尾が割れた鳥の地図
鳥類 キンバネホイビイ 1 4 4 台湾島の山岳地に生息する鳥。金色の翼と、はっきりとした眉が特徴である。人懐こく、数も多いため、見かけられる機会は多い。 140 金色の鳥の地図
小型生物 タイワンリス 3 7 8 アジア全域など、広く分布する、イヌのような鳴き声で鳴くリス。前歯が鋭いため、研ぐのに用いられた木は、樹皮が削れていることが多い。
気性が荒く、幼少期以降は単独で行動する。
520 姿の見えないイヌ
小型生物 スインホーキノボリトカゲ 2 5 6 台湾島にのみ生息する全長約20cmほどのトカゲ。樹幹によくくっついている。
体の色は樹木に似ているが、背に黄色の線が入っているため、見つけることはたやすい。
310 移動する黄色い線
小型生物 ムクカジカガエル 2 7 5 主に台湾島に生息するカエル。口の端から両目、両目から背中の間に三角模様を持つ。
環境に応じて、淡い褐色から黒褐色まで体色を変化させる。
240 三角模様のカエルの地図
小型生物 セマルハコガメ 1 6 5 淡水付近に生息する、甲羅が大きなドーム状に盛り上がっているカメ。背甲と腹甲の隙間を完全に閉じることができる。頭部の色は褐色や暗緑色など、多くの種類が存在する。 200 黄色いカメの地図
小型生物 ジャコウネズミ 1 3 4 台湾島や中国など、広い地域に分布するネズミ。市街地や農耕地に生息する。
子が、親の尾や別の子の尾をくわえ、連なって移動する姿が見られる。
110 灰色のネズミの地図
中型生物 ヒャッポダ 5 11 8 台湾島や中国南部に生息する、毒を持つ危険なヘビ。このヘビに噛まれると、百歩歩くうちに死ぬと伝えられ、ヒャッポダ(百歩蛇)と呼ばれるようになった。 990 山中の危険生物
中型生物 バイカロク 3 8 7 台湾島に多く生息するシカ。梅の花に似た白い斑点が体にあることからバイカロク(梅花鹿)と呼ばれる。
古来、角や鹿皮が珍重されており、狩猟の対象となっていた。
540 鹿皮の持ち主
中型生物 キョン 3 7 7 台湾島や中国東部に分布するイヌに似た鳴き声が特徴的な小型のシカ。目の近くに臭腺があり、閉じた目のように見えることから、四つ目鹿とも呼ばれる。 480 四つ目鹿
中型生物 タイワンハブ 2 4 7 主に台湾島や中国に生息している、毒性の強いヘビ。顔が細長く、長い牙を持つため、噛まれると体の深部まで毒が回ってしまう。
樹上での活動が多く、夜行性である。
240 毒蛇の脅威
中型生物 タイワンザル 1 4 4 台湾島に生息しているサル。全身は灰褐色で四肢の先端が黒い。尾は比較的長くて太い。 130 尾が長いサルの地図
大型生物 サンバー 2 9 4 台湾島やインドなどの広い地域に分布するシカ。全長150cm以上に成長し、雄には角がある。
夜行性で、昼間は木陰などで休んでいる姿が見られる。
320 大型のシカの地図
海洋生物 ハナゴンドウ 2 5 6 温帯や熱帯の海に生息する生き物。他の生物などと衝突することで皮膚に引っかき傷が残る。
傷が付いた個所は、花が咲いているように見えるため、ハナゴンドウ(花巨頭)と呼ばれる。
320 傷だらけの海洋生物
海洋生物 コウタイ 1 6 5 台湾島や中国に分布している、体長30cmほどの魚。食用、薬用に用いられる。
赤、茶、緑など、いろいろな体色の個体がいる。
200 不気味な魚の地図
港・集落 安平 2 1 4 読みは「アンピン」。台湾島の政治や軍事の中心地である街。
船を停泊させるのに適した場所と判断され、大きな港になった。
345 到達する
港・集落 淡水 2 1 4 読みは「ダンスイ」。台湾島の北部に位置する街で、近くを大きな川が流れている。鄭成功がネーデルラント人を追い出してできた街である。 340 到達する
地理 阿里山 5 12 10 台湾島の中南部にある山々の総称。
珍しい動物や、熱帯地域などで自生する植物などが多く生息している。
1150 生物学者の望む地
地理 清水断崖 3 6 8 台湾島の東側に連なる2000m級の高い山々からできた崖。
延々と絶壁が続いているため、近寄る者はあまりいない。
440 台湾島東岸の地理調査
地理 蘭嶼島 2 6 6 台湾島の南東沖に浮かぶ離島。
海水の浸食でできた大きな洞窟や、変わった形の岩など、見どころが多い。
380 島の手掛かり収集
地理 姐妹潭 2 5 7 阿里山の山中にある、大きさが違う二つの湖の総称。
かつて、阿里山に住む二人の娘がこの地で命を絶ったという伝説がある。
320 姉妹の運命
地理 太魯閣峡谷 2 8 5 淡水の南東に広がる、大理石が浸食されて築かれた大峡谷。
周囲に連なる山々は、3000mを超える高さを誇る。
大自然が作り上げた断崖が見どころ。
290 書きかけの地図
地理 澎湖島 2 9 5 かつて鄭成功が台湾島へ向かう足掛かりとした島。
海賊の影響で荒廃しているが、人類が古くから生活していたと思われる痕跡が数多く残されている。
280 書きかけの地図
地理 淡水河 2 4 5 淡水近くを流れる穏やかな川。
豊かな水量を誇り、台湾島北部の主要な水源である。
250 淡水付近の地理調査
地理 雪山山脈 1 3 6 台湾島を南北に走る山脈。多くの古道が発見されている。
中には、先住民のタイヤル民族が使用している通路もあるようだ。
180 民族調査の手助け
地理 八仙洞 1 3 7 海に面した断崖に形成された海食洞穴。
洞穴数は十数個にも及び、台湾島の古代文化の一つである長浜文化の遺跡も存在する。
180 断崖に臨む洞穴
地理 石雨傘 1 4 4 台湾島の海岸にある、海の浸食で削れた岩。一本の細長い岩が、大きな岩石を支えておりその姿は傘の形によく似ている。 130 書きかけの地図