Cruz del Sur Chapter 2 : Special Ornaments の追加発見物

種類 名称 ランク 難度 カード 説明 経験 発見方法
史跡 アッピア街道 2 4 2 共和制ローマ時代に造られた、ローマからイタリア半島南東岸に延びる街道。ローマ街道の中でもっとも歴史が古く、もっとも美しいといわれている。 230 すべての道はローマに通ず
宗教建築 ギザのスフィンクス 2 3 3 ギザのピラミッドの側に鎮座する巨大な像。ファラオの顔とライオンの体をもつ。古代エジプトでは、ファラオの偉大さを体現した存在とされる。
一方、ギリシャ神話では、女性の顔と獅子の体、鷲の翼をもつ怪物とされている。
230 神か怪物か
歴史遺物 ゲクランの馬上槍 3 8 5 百年戦争初期に活躍したフランス軍人が使ったという槍。ゲクランは、ブルターニュ地方の城主の息子として生まれた。幼少期は戦争ごっこや馬上槍試合が好きな荒くれ者だったが、後に傭兵を用いた機動的な戦術でイングランド軍を翻弄した。 600 荒くれ騎士の列伝
歴史遺物 ヒローナ号 3 5 4 正式名称は、ラ・ヒローナ号。イングランド侵攻に出発したイスパニア艦隊の一隻。
艦隊はイングランド海軍に敗北。ヒローナ号は敗走中にアイルランド沖で岩礁に激突し、沈没した。
462 サルベージ
歴史遺物 シャガス号 3 5 4 正式名称は、ラス・シンク・シャガス号。
ポルトガルの東インド貿易船の一隻。
インドからの帰路の途中、アゾレス諸島付近でイングランド海賊に襲われ、沈没した。
451 サルベージ
歴史遺物 サン・パウロ号 2 4 3 ポルトガルの頑丈な大型船で、東インド貿易船の一隻。
インドへ向かう途中、マダガスカルの東を回る航路をとったが、途中嵐に遭い、スマトラ島西岸沖まで流され、難破した。
320 サルベージ
宗教遺物 イェリング石碑 2 4 3 10世紀にデンマーク王であるハーラル青歯王によって建立された石碑。石碑にはハーラル青歯王のデンマーク統一とノルウェー獲得、さらにデーン人をキリスト教に改宗させた偉業がルーン文字によって記されている。 230 統一と教化
美術品 ユディト 3 8 3 ジョルジョーネ作の絵画。旧約聖書「ユディト記」を題材とした。ユディトの右手には剣足元には敵将ホロフェルネスの首。ユディトの表情や、色彩、タッチからは、臨場感は微塵も感じられないが、神聖さや静寂な空気が醸し出されている。 539 ジョルジョーネのユディト
美術品 デルフトの小道 2 5 3 フェルメール作の風景画。生涯のほとんどを過ごした故郷デルフトを描いたといわれる。レンガの継ぎ目や扉に付けられたかんぬきなど、細部にわたって写実的に描き込まれている。まるで目に映った情景を切り取ったかのようだ。 280 生き続ける風景
財宝 ポウナムの斧 4 8 8 ポウナムとはマオリの言葉でひすいを指す。マオリの人々は鉄を知らなかったが、硬く粘りのあるひすいを長い時間をかけて削り出し斧や棍棒、首飾りなどを製作する技術を有していた。この斧はポウナムでできた刃をもつ儀式用の斧だそうだ。 624 深緑の刃
財宝 ルイスのチェス駒 2 6 4 セイウチの牙に精巧な彫刻を施したチェスの駒。その形状から12世紀のノルウェーまたはスウェーデンで制作されたものと思われる。 330 遊戯にも贅沢を
海洋生物 ウミユリ 4 9 6 海中の生物。深い海の底に根を張り、ゆらゆらと揺れる。
姿は、海草などの海中の植物よりも、陸上の植物に近い。しかし、海中を移動することもあるため、動物である可能性が高い。
720 時を止めた花
海洋生物 オウムガイ 4 8 6 鎧姿の人の顔に似た形をしている生物。
数十もある触手を使ってエサを捕食する。口と思われる場所から水を噴出して、水中を移動する。
624 美しい巻貝
地理 サモア諸島 3 7 8 フィジー諸島の東北東に位置する諸島。主要な島はサバイイ島とウポル島の二つである。両島とも火山島であり海岸線には美しいサンゴ礁が広がっている。 484 神の投げし岩
地理 バス海峡 3 7 8 オーストラリア大陸とタスマニア島との間にある海峡。幅が狭く水深が浅いため、船の難所として知られる。
オーストラリア先住民は、この海峡が形成される過程を伝承によって語り継いでいる。
473 島と陸との間に